建売住宅購入が向いている人

マイホームなら一戸建てに住みたい、と考えるときには、一から自分の好み通りに作る注文住宅にするか建売住宅にするかというのはまず最初に悩む選択でしょう。 建売住宅も注文住宅も、どちらもメリットとデメリットがありますし、向いている人がいます。 建売住宅のメリットとしては、既に出来上がっているわけですから土地と建物の両方を一度に購入できますね。 そして、周辺の環境や家を気に入ったらそのまま入居できるためマイホーム購入なのに賃貸への引越しのような気軽さでスムーズに話が進みます。 そのため建売住宅は、スピードを重視する、マイホーム購入に手間がかかるのを面倒に感じる人には向いていると言えます。 家にあまりこだわりがなく、許容範囲の広い人にはオススメなのです。 もしも家の間取りはこうしたい、こういうテイストで作りたいなどマイホームに妥協したくない人の場合には建売住宅では不満が残る買い物になるでしょう。 また建売住宅だと資材にローコストなものを使用している場合も多いため、子供の世代まで引き継げるような家ではない事もあります。 建売住宅はそうした面よりも、早さや安さ手続きの楽さを求める、家にあまりこだわらない人向きと言えるでしょう。