建売住宅をご検討中の方にお知らせしたいこと

まず最初に、建売住宅は住む人の要望を聞かずに万人受けされる間取りがプランされて建てられた住宅です。 ですが現状は、実際に住んでから「収納が足りない」「暗い」「トイレが1階にしかなく不便」などなど 万人受けとは言えないのが現状です。 なぜならば、家は住む家族が100家族いたら100パターンの生活スタイルがあり 万人受けする間取りを作ることは不可能なのです。 ここまで聞くと「あれ?建売住宅はダメかな?」とお思いでしょうか。 いいえ、建売住宅には、こんなメリットもあります。いちばんのメリットは「実物を見れる」これに尽きますね。 注文住宅を建てれるとしたら、いくつ要望がありますか? 「収納を充実したい」「明るいリビング」「トイレは寝室のある2階にも必須」。 要望をリストアップしてみましょう。そして、実際に建売住宅を見学したときに、 その項目が満たされているかチェックしてみましょう。そうすれば答えは見つかります。 おそらくチェック項目が100%満たされることは無いと思います。それでいいと思います。 要望がどれだけ満たされてダメな部分もある。それでも購入するに値するかの判断ができます。 このメリットは大きいと思います。注文住宅は出来上がるまでチェックリストの答えはわかりません。 思った通りにならなかったというストレスは大きいです。 ですが、建売住宅はわかった上での購入ですので今後こうすれば問題解決できるなという解決策も 考えながら住宅を選ぶことができると思います。 ぜひ、なんとなく建売住宅を見学するのではなく具体的な要望をリストアップし本当に自分の家族にとって 住みやすい家なのかどうかを見極めてください。