建て売りといえどもその建てている途中経過を見てみたいですね

最初の家を建て売り住宅で購入しました。 幸い我が家は建て売り住宅であったにもかかわらず、元木材販売をしていた業者の建て売りであったので、値段の割に良い木材を使用してくれました。 それから、建てている途中をしばしば見ることができましたので、中に使われている木材や材料、大工さんの様子なども良く見ることができました。 しかし、近所で販売された建て売り住宅の建築の様子を見ていると、本当にあれほど細い木材で大丈夫なのであろうかと思われる建物を見てしまいました。 しかし、外装を行ってしまうと、その細い木材を目にすることはできません。外から見たらば我が家より立派で値段も500萬近く高い販売価格でした。 建て売りということですと、なかなか途中経過を見ることが難しい場合が在りますが、やはり一生の中での高い買い物ですので、できる限り建てている途中を見ることができる建物が安心して住むことが出来ると思います。 また、洋間と日本間では使い方がだいぶ違ってきますので、人数後生や使い方を考え、その割合を考えたり、中が移動できる間取りであるかなどを考えたりすることも必要だと思います。